JUSTIN's HomePage Top

JUSTIN's プロフィール


  名  前 : JUSTIN 
         (@nifty/FSPACEでの私のハンドルネームです)
  本 名 等 : 伴 良彦 (男) 
         1956年11月17日 しし座流星群極大の深夜に誕生!
  住  所 : 長野県松本市(実家は長野県旧南安曇郡梓川村、現松本市梓川梓)
  所属団体 : APTec(全国天体写真撮影技術交流会)
         松本星の会
  職  業 : 団体職員(医療関係)
  そ の 他 : 好きなアーティストグループ そして 好きなアーティスト 

  山国信州安曇野で育ち、小さな頃から自然とともに遊び、ひととおりのことをやる。   小4の冬休みに星座の宿題が出てオリオン座を覚える。その後、学校図書館で「大宇宙の旅  (荒木俊馬著・恒星社)」という本に出会い、読み終った時に「天文中毒」になってしまう。   当初はごく初歩的な天体観測をしていたが、もともと潜在的に写真が好きだったことや不思   議と撮影データも真面目に記録していたことから、自然と天体写真に偏った活動となって現   在に至る。・・・・と言っても、天文関係は何でも良くかじるのも事実。
  一口に天体写真と言っても、いろいろなジャンルに分けることができる。撮影を始めた頃は   中学生だったこともあってお金もなく、ネオパンSSS+パンドールであった。以来金回り   はやっぱり良くなく、7、8年前までは遊びやすいモノクロをメインにしていたが、画像処   理テクニックの普及や、現像・プリントする時間がないことなどで、カラー撮影をメインと   せざるをえなくなった。   いろいろとデジタルなものが巷では流行っているが、やはりお金と時間が取れないので、相   変わらず銀塩写真(フィルム)を主体としてるが、一部デジタル化して、月・惑星はデジカ   メとウェブカメラで立ち向かっている。   近年は「光害」のために全国的に星が良く見えなくなった。それは、田舎で星がきれいに見   えるハズの信州でも例外ではない。私が子供の頃は恐ろしいほど星が見えた。しかし、こん   な田舎でも水銀街灯や自動販売機の設置、そして近い将来には、夢にも考えていなかった高   速道路がすぐ近くを通ることになってしまった。・・・・トホホホ 。   よって、拡大ものの星野撮影はともかく、長野県の木曽地方や乗鞍高原へ出かけるつもり。
私のパソコンシステムです。(片づいていないところは、ご容赦を!!)          見かけは古くさいですが、中身はそれなりに進化しています。          現在は、Core2 Duo E6600の2.4GHZ、ASUSのP5Bの廉価MBにNVIDIAの7300GS、          メモリはデュアルで2GB積みました。ディスプレーはiiyama製です。          そして、長年の愛機PC−9821です(486DX4で、それでも生          意気にメモリは当時のマックスの64MBありますョ)。

JUSTIN's Homepageへ戻る